求人情報の中でも設備に関するものが多いです

求人情報の中でも、近年特に、施工管理など設備に関するものが多くなっています。このタイプの仕事は多岐にわたっており、空調や防電、衛生や照明、変電といった部分を担当します。その設備が万全でなければ施設が成り立たないといった部分を担うだけに、やりがいが感じられる仕事と言えます。設計、施工、管理、保守といった流れで構築し、それをクライアントに納入するまでの過程を、管理監督して行きます。現場での作業が多い仕事ですが、デスクワーク業務もあり、報告書の作成や計画書の変更などを行います。その設備における専門知識や経験が必要なことから、経験者が求められる求人がほとんどです。チームでの作業も少なくないことから、コミュニケ―ション・スキルや協調性を備えていることも求められます。

大都市圏で多く、正社員の求人が目立つ分野

設備の仕事は、東京や大阪、名古屋といった大都市圏での求人が多いのも、特徴となっています。特に東京や大阪では、募集の数が1000件を超えるケースもあり、正社員の募集が多いのも他の仕事と違った特徴となっています。仕事の形態や業務内容の性格から、ある程度の知識と経験が必須な業務が多いため、パートタイムやアルバイトの形態では業務を遂行しにくい面があります。東京をはじめ、大都市圏では人手そのものが不足していることもあって、未経験者可で求められている職種も見られるようになって来ています。本来はエキスパートが求められているだけに、給与は20万円から50万円程度と、高めになっています。週に30時間から40時間程度の残業があるのが一般的と言われますが、多様な働き方が可能となりつつある大都市圏では、残業が少なめの勤務先も散見されます。

持っていると有利な資格は施工管理技士

オフィスビルや大規模商業施設が多い大都市圏では、恒常的に排水や衛生、空調、防電といった仕事が募集されており、細分化された分野の業務においても、大抵の企業が正社員として有能な人材を求めています。地方の都市部においても、給与は20万円から40万円程度で、東京などの大都市圏とあまり差が見られないのも特徴です。持っていると有利な資格としては、大都市圏のみならず地方都市においても、施工管理技士となっています。福岡や札幌などの地方都市でも、良い仕事が見つかりやすくなります。正社員としての雇用がほとんどとなりますが、地方ではやはり、東京や大阪に比べ給与はやや低くなります。どこでも求められている人材だけに、給与は大都市圏より低めではあるものの、大抵の地方都市でも正社員として求められている仕事です。