設備の仕事をしたい人のための求人情報

設備の仕事は多岐に渡っており、さまざまな施設において、ガスや空調、上下水、消防などの管理や保守を行います。一般的な求人で多いのが、オフィスビルや商業施設などでの、保守・管理作業です。冷暖機の運転をコントロールしたり、エレベーターやエスカレーターの保守や点検を行い、定期メンテナンスなども担当します。施設を巡回して、各部分の老朽化や損壊の有無をチェックして行くのも大事な仕事です。さまざまな装置や機器の管理や保守を行なうことで、施設にとって重要な、あらゆるシステムを正常に保ち動かして行きます。縁の下の力持ち的な立場ではありますが、建物そのものの生命線を握っている仕事でもあり、施設を利用するすべての人の活動を支える、無くてはならない仕事です。それだけに、それぞれの分野ごとに常に優秀な人材が求められています。

切望されている多様な分野でのエキスパート

一口に設備と言っても機器の種類や仕組みなど多種多様なだけに、それぞれの現場で最も適したエキスパートが求められます。施工管理の場合特に、近年重要度が増している省エネ設計や、ビルの老朽化に伴う大規模な修繕計画の立案も行うなど、多様となっています。機械、電気などの知識を持っている人も求められていますし、原因究明と解決策を導き出す論理的思考力を持つ人や、地道な作業を継続させる根気強さを持っている人も重宝されます。求人情報においては、それぞれの分野でのエキスパートが切望されていることから、正社員としての求人多い分野でもあります。担当分野によっては、施設の心臓部にかかわる仕事でもあることから、正社員という責任ある立場において業務を行うことが一般的となっています。未経験可ということはほとんど無く、常に経験者が求められています。

求められている資格がわかる細やかな情報

設備の仕事をしたい人のための求人情報においては、管理や保守の仕事において必要となる資格についての情報も重要となります。ガスや空調、上下水、消防等において生かせる専門資格ということになりますので、建物環境衛生管理技術者や、ボイラー技士、ビル設備管理技能士、電気主任技術者といった資格を持っていると、各段に重宝されます。国家資格の施工管理技士も有利となる資格です。1級と2級に分かれており、さまざまな現場の管理監督をする人の技量を調べるものとなっています。実務経験があることが受験の際の必須の条件になっていますので、受験資格があるという段階で高い実務能力を備えていると言えます。建物そのものについて詳しい、建築学科出身や1級建築士、2級建築士などの資格は、どの分野の管理でも役立ってきます。

スキルアップをしたい人や、大規模案件に挑戦したい人など、活躍できる場を用意しています。 建設事業に特化して5年、退職者はほぼでていません。 建築・土木・空調衛生設備・電気設備各施工管理技士、現場監督、設計など 求人案件数は市況の上昇により前年比約180%です。 建築求人.jpの利用に料金は一切必要ありません。 未経験者から建設40年のベテラン技術者まで、さまざまなメンバーが活躍しています。
設備や空調関係の求人ならこちらのサイトから